So-net無料ブログ作成

イ・ビョンホン主演ドラマ『アイリス』ナビゲートDVD発売決定 [CD・DVD発売情報]


スポンサードリンク


meinngazou.jpeg

こんにちは 上野まり子です。
このところ映画の公開プロモーションで来日が重なっているイ・ビョンホン氏だが、6年ぶりの主演ドラマ『アイリス(IRIS)』が10月14日、韓国でオンエアスタートとなる。

doramameinn.jpeg

ドラマ『アイリス』は200億ウォン(約15億円)という巨額の制作費を投じ、日本、ハンガリー、韓国でのロケを敢行し、出演者・スタッフの豪華さに加え朝鮮半島南北分断をテーマにしたスパイ・アクションということで、韓国ではオンエアを前にすでに期待値がMAXとなっている。演出は『ごめん、愛してる』のイ・ヒョンミン氏。
そしてイ・ビョンホン6年ぶり主演の超大作ドラマ『アイリス』の壮大な世界観をいち早く体験できるナビゲートDVDの発売が決定した。
イ・ビョンホンがナビゲートする「アイリスの世界観」が詰め込まれたファン大満足の100分を収録(予定)。

『アイリスナビゲートDVD』

DVDpakke-ji.jpeg

【DVD収録内容のご紹介】
韓国制作発表 イ・ビョンホンを中心にした制作発表の模様を収録。
韓国メイキング映像 韓国でのロケの模様。
イ・ビョンホン インタビュー。
各出演者インタビュー イ・ビョンホンをはじめ各キャストのインタビューを収録。
また、他のキャストに関してもイ・ビョンホン本人が紹介。
秋田ロケメイキング映像 秋田県が全面協力したロケの模様を収録。
イ・ビョンホンが秋田で触れた日本のファンとの思い出を収録。
ハンガリーロケメイキング映像ハンガリーでのロケの模様、
イ・ビョンホンのインタビューを収録。
その他映像特典多数予定

【DVDの見所】
<イ・ビョンホンがTOPに演技指導>
テロ組織IRISの殺し屋を演じるT.O.P(歌手なので演技は初心者)に対し、イ・ビョンホンは緊張感のある感じにしなくて良い。むしろリラックスして殺しを楽しむぐらいの感じの方がキャラクターに合っている と演技指導した。演技指導とともに演技に不慣れなT.O.Pの緊張もほぐす後輩思いの一面が収録されている。
ちなみにTOPとは日本でもデビューを果した韓国実力派アイドルグループBigBangのメンバーだ。

<イ・ビョンホン、日本語の台詞を猛練習>
秋田ロケ中に「大丈夫だから、怖がらないで」という台詞を何度も練習。
時々、間違えてしまい照れた笑顔を見せる一幕も。

<イ・ビョンホン、こだわりのアクションシーン>
韓国で撮影した「走る」シーンはキム・テヒなど他のキャストが疲れて帰ってしまった後もこだわって何度も撮影した。その映像をモニタリングしながら夜遅くまで何度も何度も走った。
秋田のカーアクションシーンでは自らが車に乗り込み危険なクラッシュのシーンをスタントなしで演じた。1度目の車がぶつかるタイミングに納得できなかったイ・ビョンホンは、
危険なシーンにも関わらず自ら申し出てもう一度撮影を行なった。
秋田の玉川ダムから飛び降りるシーンや建物から飛び降りるシーンもスタントなしで自ら演じ撮影に臨んだ。ワイヤーで吊るされてダムから女性を抱いて飛び降りるシーン、建物から落ちるシーン等を熱演。

<ハードスケジュールの中での撮影>
ハンガリーでは1日に何カ所もの撮影をしなければいけなかったため、スタッフ・キャストも疲労困憊だった。主演のイ・ビョンホンは眠れないまま撮影を続けなくてはならなかったとインタビューに答えている。

また撮影終了後にイ・ビョンホンが笑顔で地元の人たちと交流するシーンも収録されている。

<イ・ビョンホン 本人コメント
世界で唯一、南北で分断されている韓国でスパイ作品はどういう風に描かれるだろうと
個人的にも興味がありました。スパイ・アクション・ドラマは韓国にはないですし。
実力派の作家さんや俳優さんが出演していて、こういった機会はあまりないと思いました。
こういった色々なことが出演を決めた理由です。
ドラマの撮影は映画のような余裕もなく、肉体的にも精神的にもハード。
6年ぶりの主演で多くの方の期待を感じるので、がっかりさせないように、しっかりした心構えで作品に臨んでいます。
「ナビゲートDVD」は韓国のオンエア中に日本で発売されると聞き嬉しく思います。
100分間ではこの作品の魅力は収まらないと思いますが、私の想いは伝わると思います。
秋田では多くのファンの方と撮影の合間に握手をするのが日課でした。
日本のファンの皆さんに、少し早いクリスマスプレゼントになれば幸いです。


品番  :PCBG.51464
発売日 :09年11月27日
定価   :¥4,700(税抜)/ ¥4,935(税込)
[POSコード] 4988013931640
発売元 :TBS、ポニーキャニオン
(C)
2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「アイリス」日本版製作委員

『アイリス』の日本での放送も待たれるところだが,このナビゲートDVDで一足先にイ・ビョンホン氏のこのドラマにかけた思いや撮影風景などをお楽しみいただくのもお勧めだ。
なお、ポニーキャニオンではこのドラマのDVD化権を獲得しているのでいずれそのご案内もさせていただく。

【追記】
ドラマ『アイリス』が韓国で放送スタートとなった。第1話の視聴率はなんと24,1%。さすがに大注目の作品だけの事はある大きな反響だ。これからの日本での放送も待たれるところだが、ナビゲートDVDでドラマを先取りしてはいかがだろう。

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2009 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.

 



スポンサードリンク


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 9

コメント 2

haruharu20

上野まり子さま♪

イ・ビョンホンさん、またまたかっこいい姿を見せてくださりそうですね~
big bangのTOP君の演技も楽しみです!!

イベントが近づいてきて、ジソペン仲間はわくわくドキドキの毎日です!

by haruharu20 (2009-10-08 22:00) 

上野まり子

haruharu様

ご訪問ありがとうございます。
韓国での製作発表会の際にがちがちに緊張していたTOP氏ですが
俳優達がこぞってすばらしいというイ・ビョンホン氏からのアドバイスを
どのように発揮して演技に臨んだのかがとても楽しみです。
製作側にも立つ私としては出来上がった作品も観たいと思いますが
作品ができる過程を観ることはとても興味深いことです。

ジソペンにとって今年はうれしい年ですね。
だって度重なる来日で終えるチャンスが多いですから。

ではまたお越しください。
by 上野まり子 (2009-10-08 23:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー