So-net無料ブログ作成

トロット王子パク・ヒョンビン ファーストコンサートレポ [韓国歌手イベントレポート]


スポンサードリンク



OF-0763-tpo.jpg


こんにちは 上野まり子です。
シャバンシャバンと言えば韓国トロット王子パク・ヒョンビン。昨年暮れも押し迫った12月27日、 きゅりあんホールで開催された『パク・ヒョンビン ハッピーコンサート』(主催:ハーモニー)は、災害続きだった日本に少しでも明るく、新しい年を迎えて貰おうと「シャバンシャバンで年忘れ!」と題された。


OF-0522-.jpg

幕が開くと「♪アットゥゴ」、「♪ミアネヨ」で、早速明るい歌声を披露したパク・ヒョンビン氏。ダンサーにも負けない軽やかなステップに会場も一気に盛り上がった。
“ファー ストコンサートに来てくれてありがとう!”と挨拶したパク・ヒョンビン氏、この日が日本でのファーストコンサートとなる。今は日本語より韓国語の方が上手 だと笑いを取り、続けてオリジナルアルバムから「♪グエ」、求愛のバラードをしっとりと歌い上げた。続いてバラダン市川氏の口笛で始まったのはチョ・ヨン ピルの「♪思い出迷子」、日本語で。今のようにK-POPが大ヒットする前の早い時期から日本で活動していた韓国演歌の大先輩に敬意を払ってということなのかもしれない。ここでこの日のMC、TOMO登場。“ヒョン!チャン”(ヒョンビン最高!)を伝授。

OF-0546.jpg

早くも着替えて再登場のパク・ヒョンビン氏、ドラマ『ラストスキャンダル』より「♪エインイッソヨ」。続けて「コンドレマンドレ」カップリング曲「♪明日、君がいない」を日本語で。ここでこの日の演奏バラダン+のメンバー紹介。
粘っこく演歌らしい発声を聴かせたかと思うと、伸びやかでストレートな発声、さすがは音大卒の実力派、多様な音で観客を魅了する。

OF-0647.jpg
OF-0644.jpg

パク・ヒョンビン特有のダンストロット「♪パラパパ」、「♪ドゥグンドゥグン」の2曲を続けるとさすがに息が切れた模様で“ハ~!ハ~!!”。第1部最後は<約束、誓い>という想いで「♪桜道」を美しい日本語で披露した。


OF-0720.jpg
OF-0694.jpg

15分の休憩を挟んでのスタートは<キラキラ>という意味の「♪シャバンシャバン」。昨年4月の日本デビューシングルとなった曲でもある。そしてオリジナルアルバムからラブソング「♪アルンダウンヤッソク」(美しい約束)、ヴァイオリンの音も美しく、しっとりとした曲。

OF-0747.jpg

バラの花束を手にステージを降りたヒョンビン氏、握手の嵐でなかなかステージに戻れない。そのまま、客席側で歌い始めたのは誰もが知る「♪ポゴシプタ」。ファンからの花束を手にステージに上がろ うとする瞬間に立ち上がってハイタッチを求めたご婦人が。パク・ヒョンビン氏はしばし、その方の手を握ったまま歌を続ける、会いたかった恋人に会えたかのように。
さてステージは変わって現在韓国で活動中の曲「♪モレシゲ」、砂時計という意味、この日日本で初披露された。

OF-0874.jpg

ここで客席に前回の「パク・クァンヒョン&バラダンコンサート」に出演したHANIの姿を見つけたTOMO、早速ステージへと呼び込む。
サプライズゲストとなったHANI、並んだパク・ヒョンビン氏はなぜか安定しない。それもそのはず、超長身のHANI氏に少しでも遅れを取るまいとつま先立っていたのだ。
HANI氏は新 しい曲のリリースも、このような場に立てるのも皆様のお陰だと挨拶し、新曲「♪君一人だけ」、そしてパク・ヨンハの「♪始めて出逢った日のように」。今年は人気曲のカバーアルバムをリリースする予定。またバラダンと共に韓ドラOSTコンサートに出演予定で日本各地でのツアーが決まっている。

OF-0920.jpg

さて再び登場のパク・ヒョンビン氏、音楽一家に生まれ、音大を卒業している事はすでにお話した。つまり正式に声楽を学んでいる。そこで披露したのは「♪オーソレミーヨ」、今回はマイクを使っての歌唱だったが、客席からは“ブラボー!”の声が送られた。また声を整えてアカペラで披露したのはオペラの一節。次回のコンサートではもっとクラシックを用意すると約束する彼に会場からも期待の拍手が起きた。
ドラマ『怪しい三兄弟』から「♪イ・ヨジャヤ」に続いては代表曲「♪オッパを信じて」、“一緒に”。そして昨年9月に日本でもリリースとなった大ヒット曲「♪コンドゥレ マンドゥレ」、<グデン グデン>と言う意味だが、くれぐれも間違わないようにと念を押したのは酒に酔っているわけではなく、愛にグデン グデンだという事。ダンサーの振り付けはK-POPのそれとあまり変わりがないようだが、なんと言ってもそこはトロット用、かなり粘っこい。それでも韓流スターイベントの出し物とは違い、すっきりして上品な感じ、さすがご本家。ファンも立ち上がり大盛り上がりで第2部も終了となった。

OF-0990.jpg

勿論アンコールの声はすぐに上がった。真っ赤なスパンコールのスーツで登場したパク・ヒョンビン氏。彼のダンスに合わせてステップを踏むファンはとても楽しそうで、2日遅れのサンタクロースが来た様だ。 “アナタヲ クダサイ!”と歌い収め、これからもずっと歌い続けると誓い、『パク・ヒョンビン ハッピーコンサート』の幕は下りた。

OF-1001.jpg

ロビーではパク・ヒョンビン氏、HANI氏其々がファンと握手会で交流を深めた。
こうして大災害に不安の多かった2011年、一時<シャバン シャバン>と少し明るい気持ちになってくださったら主催者も嬉しいことだろう。

*次回の(株)ハーモニー主催コンサートは
<韓ドラ★テーマ ガラコンサート <イ・ビョンホン特集>
開催日時
2月 9日(木)*大阪公演*メルパルク大阪   15時開演
2月10日(金)*東京公演*文京シビックホール 15時開演
出演:ZERO/ホン・ジョンミョン(HonJyonMyon)/バラダン+(Baladin+)

詳しくはバラダンホームページで。
http://www.baladin.net/

【当サイト内パク・ヒョンビン関連ページ】
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2011-10-16


本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2012 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー